News

<お知らせ>
「資産運用方針」の変更回数上限が
年間10回に増えました


THEOでは、お客さまの利便性を向上させるため、2018年10月18日(木)よりお客さまによる「資産運用方針」の年間変更可能回数の上限を引きあげ、これまで1年に2回までであった変更可能回数を、1年に10回までに変更いたしました。

これにより、お客様の運用プロフィールの変更や、ご自身での運用方針のカスタマイズ、また「THEOにおまかせ」のオン・オフの変更を、より気軽に行なっていただけます。

今後も、より多くの方の資産運用をサポートしご満足いただけるよう、サービスの向上と提供に努めてまいります。


<対象となる資産運用方針の変更例>

■「THEOにおまかせ」がオンになっている方
資産運用方針を決定する要因となる、お客様の運用プロフィールの変更


■「THEOでおまかせ」がオフになっている方

ご自身による資産運用方針の変更・カスタマイズ

 

運用方針「THEOにおまかせ」オン・オフの変更は、1回の変更とみなされます。

なお、運用開始前であれば、何度でも資産運用方針の変更ができます。資産運用方針の回数は、年間10回までとなっておりますが、運用開始前の変更はその回数に数えません。
運用開始後は、資産運用方針の変更は、口座開設月を起点とした1年間で年に10回までとなります。


■資産運用方針の確認・変更方法

マイページ上部メニュー[運用状況]→[運用方針]からご確認いただけます。

詳しくはこちらのFAQをご覧ください。
FAQ:資産運用方針の変更はどのようにすればいいですか?


■お問い合わせ

株式会社お金のデザイン
カスタマーサポート
・電話:0120-287-237(通話無料)
受付:9:30-17:00(土日祝日、年末年始を除く)
・メール:support@theo.blue


<本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先>

株式会社お金のデザイン 担当:建井
Email:press@money-design.com

<投資一任運用サービスTHEOに係る手数料等及びリスクについて>
投資一任運用サービスTHEO(以下「THEO」)は、当社との投資一任契約により提供されます。お客様には、当社にTHEO専用の証券口座を開設いただきます。
投資一任契約に関する投資一任運用報酬は、預かり資産の円貨換算時価残高に対して最大1.08%(税込・年率)を乗じた金額となります。組入ETFの売買手数料及び取引所手数料並びに為替手数料等の費用は、当社が負担いたします。なお、THEO専用の証券口座の管理手数料は無料です。
THEOでは、主に外国籍の上場投資信託(ETF)を組み入れます。組入ETFの価格変動リスク及び信用リスクのほか、為替リスク、取扱金融機関に係るリスク等があります。組入ETFの市場価格の下落、為替変動等により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。したがって、投資元本が保証されているものではありません。
ご契約にあたっては、契約締結前交付書面や契約約款等を十分にお読みください。